思想の読み書き

思想と哲学

『千のプラトー』訳の検討

河出文庫版、3分冊の『千のプラトー』を、原文を見ながら、オンライン読書会で読み進めている。

 

文庫化にあたって訳文の検討がなされたと言うが、いろいろ不可解な点や単なるミスと思われる所が散見される。

 

気がついたところをメモしていきたい。